京つう

  ビジネス/起業  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2008年03月31日

2年間、多くの学びをありがとうございました!

久々の更新です。
北見です。

私、このたび、
大学卒業に伴い、パシオを退社いたしました。

働きはじめて2年。
多くの迷惑をかけ、
多くの学びをいただきました。

2年は、大学生活の半分です。

私の存在が
役に立ったとは到底思えませんが、
私にとっては
とても大きな経験でした。


いちばん思い出に残っているのは

藤井社長の言葉。

きっと藤井社長
忘れておられるでしょうが。




「北見くんと喋るとやる気が出てきますね!」


このふと発せられた言葉、
いまでも忘れられません。

嬉しかったです。


人にやる気を与えられるように。

言葉をいただいて以来、
ほかの人へのやる気喚起を
大事にしています。

これからも大事にします。



あ、

それでは今井取締役の
忘れられない名言もご紹介。


「ダイ・ハード9.0やな!」


この言葉のおかげで頑張れました。
必死にこなさないといけない山積みの問題が
笑えて来ました。

ダイ・ハードを単純に「大ハード」にしてしまって
その数値で仕事の難しさを表現されたことが
僕の疲れを吹き飛ばしてくれました。

今井さんには多くのことを教えていただきました。
本当にありがとうございます。









パシオを離れますが
これからもよろしくお願いします!!  


Posted by ハタラクマ at 00:52Comments(2)北見

2007年11月10日

【11月14日】PASIO人事マネジメントセミナーin大阪 



本年度3回目のPASIO人事マネジメントセミナーを11月14日(水)に

大阪淀屋橋にて開催します。

今回は、神戸大学経営学研究科の鈴木竜太准教授をお招きして、

若者の離職とその定着対策について考えていきたいと思っています。

詳細およびお申し込みはホームページ http://pasiocorp.jp よりお願い申し上げます。

        
                 


Posted by ハタラクマ at 19:41Comments(0)

2007年11月07日

秋といえば・・・

秋といえば、

やはり「かつおのたたき」ですね。

これ抜きには秋は語れません。

そこらへんで食べるかつおはあれはかつおではないと思っています。

土佐の港町の民宿で食べるあの「かつお」こそが本物のかつおです!!


やはりかつおに限らず、秋は魚が本当においしいですね。

ごはんがすすんで太りそうになります。

しかしいま太ってはいけないのでなんとか耐え抜きます。

当行満あじゃりになりたいと思います!



秋は最高ですね。

紅葉も最高なのですが、その静けさが最高に最高です。


そろそろあきも深まりつつあるなか、寂しさも増してきますが、

自らを律して一日一日を過ごしていかなければならないと

思うこのごろです。

パシオの秋はやはり情熱の秋ですね、。

情熱といえば秋。秋といえば情熱です。

いよいよパシオの熱い季節がやってきました。

パシオができたのは、9月末なので、秋口から本格的に

稼動していくのがパシオなのです。



最高なシーズン、秋。

ですね。




つぎは大西さん。

「パシオの秋といえば?」

でお願いします。

                        情熱を胸にICON179  


Posted by ハタラクマ at 20:49Comments(0)藤井

2007年10月31日

最近の京都

こんにちは結膜炎。
私のおめめはいつもうるるん(ただし赤い)、この季節も目がかゆい成田です。

最近の京都の状況は・・・

先日時代祭りがありました。
はしゃぐ子供と大松さん、
観光に来ているふくよかな外人さん達に腰掛けられている
フェンスと貯水槽の天板から聞こえてくる悲鳴、
交通規制で迂回を強要されて困っている車椅子の老人、
稼ぎ時とばかりに道路にはみ出しながらドリンクを売りつつ
お釣りがなくて待たせていたマクドが印象深かったです。

次にゴミ収集袋の脆さでしょうか。
袋を袋から取り出したぐらいで破けることのある脆い袋、どう使うのか教えて頂きたい。
どうにかしろ、京都市。

最後に成田がパシオから去ることです。
1年と5ヶ月、至らぬ点ばかりでしたが本当にありがとうございました。

では最後のバトン。
藤井さん、「秋」と言えば最初に浮かぶものはなんですか?  


Posted by ハタラクマ at 23:59Comments(0)成田

2007年10月31日

忙しすぎてすみません・・・

忙しすぎてすみませんicon11

これまでのお勧めは東京で出会った多くの経験です。

土日も休まず貢献していますので、いい経験させてもらっていると思います!


次は成田さん

「最近の京都の状況を教えてください」

忙しいところすみませんがお願いします。

  


Posted by ハタラクマ at 00:14Comments(0)三嶋

2007年10月19日

「最新のおススメ」

今井です。

最新の一番のおススメは週末に小笹君と鈴鹿に50CCで
ジムカーナに出場することです。
白熱のバイクレースです!

そしてもう一つは、タツノコプロ40周年記念作品「鴉」です。

さて、東京の三嶋。

「これまでのおススメ」を教えて下さい。  


Posted by ハタラクマ at 13:03Comments(1)今井

2007年10月18日

自分にぴったりだと思う言葉

どうも、お久しぶりです。
更新が遅くなりました、北見です。

大松さんからのリレーで
テーマは「自分にぴったりだと思う言葉は?」
です。

なんでしょうかね・・・

「突拍子もない」


いかがでしょうか。


では次は今井さん。
「最新のオススメは?」で
お願いします。  


Posted by ハタラクマ at 10:10Comments(0)北見

2007年10月10日

これが私の青春(だった)!

どうも。大松です。
可も不可もなく、大松です。

天高く、馬肥ゆる秋。
食べ物がおいしい季節になりましたなぁ。

今回のお題『これが私の青春!』ですか。
ちなみに、歳の割には頭の中はまだまだ青春まっただ中なので
このままで良いものかと思案中です。
でも、5分でやめます。考えるだけ無駄だから。

一言で言うなれば『ヲタク』であることが私の青春。生きがい。
マンガ、アニメ、ゲーム、フィギュア、その他ヲタク系グッズの収集。
どれもこれもやめられません。

ちなみに、実在の人物との相性をこっそり調べるなんて、
何が問題なのですか、大西さん!(笑)。
至って健全です。

私なぞは、架空のキャラクターや歴史上の人物と相性占いをして
真剣に一喜一憂していたものです・・・、
っていうか、今もやってます。現在進行形です(笑)。
キモ過ぎです。
自宅の貯金箱に30円入れるから、許して下さい。

私から『ヲタク』を取ってしまえば、何も残りません。
それぐらい、何も無い人間です(号泣)。
だから、『ヲタク』こそ我が人生。
『ヲタク』こそ、我が青春!

・・・では、次は北見さんへ。
『北見さん自身にぴったりだと思う言葉』を教えて下さい。
よろしくおねがいします。

  


Posted by ハタラクマ at 12:35Comments(0)大松

2007年10月04日

おもしろい占いサイト

占いサイト紹介のご指定は、もしや昼休みに大松さんがはまっているのにつられて
おもしろがっているのを見られていたのでしょうか?icon11

1回占うと2回目を同じサイトで占うことはまれなので、ブックマークしてないんですが、、、
検索すること数分。
それでは3ついってみましょーか。

(1)こないだ見つけた色々なのが紹介されていたポータルは↓。
http://www.kooss.com/uranai/
選りすぐりを紹介してくれているみたいなので、いくつかやってみましたが確かに面白い。

(2)まだ実際の占いの方にちゃんと見てもらったことはないのですが、手相も気にはなってます。
http://www.unnmei.com/index.html

(3)恋愛占いなのですが、凝ってます。
http://love.jikanhikou.jp/


占いサイトがあふれかえっているところを見ると、みんな占いが好きかどうかはわからないけども
気にはなるみたいですね。
自分の性格にしろ未来にしろ、定義されると結果はどうあれ安心できる部分があるのかも
しれないなぁと思います。

私は話のネタとして面白いと思うので、色々試すのは好きです。
他人の占い結果を聞いて笑ったり意外に思ったりするのもまた楽しい。
昔は好きな人との相性をこそこそと占ったりもしたなあ。。。こそこそ。
そういうことに一喜一憂できる青春時代があったか。
かわいいなあ昔のわたし。

れ?暗いですか?

では青春ついでに、「これがわたしの青春!(だった)」ということを教えてください大松さん。  


Posted by ハタラクマ at 22:53Comments(0)大西

2007年10月03日

この1年




もう4年が経ってしまいました。早すぎます!

それにしても4年間は短かったですね。


パシオが4年間も続いていることにあらためて驚きを感じます。

初年度の売上高は70万円程度だったのですが、おそらく

その段階で終っていてもおかしくなかったと思います。

多くの方からのご支援を頂きなんとかもちこたえることができています。

本当に心から御礼申し上げます。

必ず成功していただいた御恩をお返ししていけるようにいたしますので

引き続き宜しくお願いいたします。


そしてこの1年。

会計年度で言えば7月から5期目に入っているのですが、

社運をかけた年になってくると思います。

これまで多くの企業がつぶれてくるのを見てきました。

共通しているのは無謀な挑戦と身の丈を知らない急拡大経営です。

ようやくわかってきたのですが、経営者の忍耐がどこまで持つのかが

経営というものなのですね。あきらめなければ必ず成功すると思うのですが

降りかかる不安と日々のストレス、将来の見えにくさ、誰しもが楽な方向に

走りたがると思うのですが、そうなった瞬間に会社は傾いていくのだと思います。

会社がつぶれるのは会社経営者の自爆というか自暴自棄的な行動による

ものだと思います。



私自身常にもう一人の自分が客観的に自分を観て、そしてものごとを判断して

いけるように日々務めることと、チャンスを逃さずに東京に出ること、これが

この1年間で達成すべきことだと思っています。




次は 大西さんへ

「おもしろい占いサイトを3つ教えてください!」

                            情熱を胸にICON179  


Posted by ハタラクマ at 00:57Comments(0)藤井

2007年09月30日

お気に入りの一品

どうも、北見です。夜分遅くにすいません。

お気に入りの一品。。

最近は「飲むヨーグルト」ですかね。
水分が摂れる、ハラが膨れる。なので
最近はよく飲んでいます。

具体的には
ベタですが、明治ブルガリアのものです。

1リットルパックで買っています。

9月29日は、
今年の夏にインターンシップに来ていた
大学コンソーシアム京都の終了式に
行っていました。

昨年のインターン生にも会え、
みんな元気なのを確認してきましたよ!


それでは次は藤井さん。

パシオ4周年おめでとうございます!
「この1年」について、お願いします!  


Posted by ハタラクマ at 01:14Comments(0)北見

2007年09月25日

他人に言われた忘れられないひとこと2

他人にお題をふっときながらなんなのですが、
思い返してみて、それほど強烈に残っているひとことが少ないことに気づきました。

いや、だから余計に興味があったのかもしれないです。
ほかの人って、どんなひとことを言われて、胸に響いたのかというのを。
もしかしたらそれで人生変わったというのもあるかもしれないですね。

たとえば本なんかを読んでいて「あーあ、なるほどねえ。そうやんなあ。」と
ささやかに感動しながら気づくことなんてのもあるのですが(それはけっこうあります)
他人に言われてとなると。

いわゆる人生訓のようなものは、全くわからなくはないんですが、
ちょっとひねくれているわたしは、あまりそういうのが好きではありません。
宣言するのも簡単、他人に言うのも簡単ではありますが、自分がしみじみと実感してみないことには
どうにも心にすぽんとおさまってくれないのです。

言われて嬉しかったこととして覚えているのは、ほんとになんてことはなく、
今までの日常のなかから適当に切り取ったんかという程度のものです。

たとえば、むかしアパレルの販売員として働いていたときに
「あなた笑うと素敵ねえ」といきなりお客様のおばちゃんに言われたこととか(てれてれ)、
百貨店かどこかで、いろんな模様のゴム印を眺めてひとりで笑ってた(と思われる)ときに
となりのおばちゃん(初対面、たまたまとなりにいらっしゃった)が
「このはんこは、、どんな風に使うものなの?」と突然訪ねられたので、
プレゼントにカードをそえるときにぽんと押してみたり、無地のびんせんに
押してみたりしてもいいんじゃないですかね~と言うと、
「あ~そうね、なるほどねえ、そうか~。ありがとうね。」と、妙に納得してお礼を言われたこととか、
小さいときに母方のおばあちゃんが「ええもんあげる」と言ってきれいなハギレをくれたりとか。
(わたしは、この「ええもんあげる」という言葉がとても好きで、
これを言って何かをあげるもしくはもらうときというのは、高くはないけど嬉しいものだったりする、
という印象があります。)

って、わたし、おばちゃんもしくはおばあちゃんが関わってくることばっかりじゃないですか。
なぜかはわからん…。

学生時代にギャグで言われた、私の行動に対する形容とか、
別れ話(・・・)に際して言われたこととか、まあほかにもなくはないですが
細かく拾っていくときりがなさそうです。

よく思い出すのはやっぱり先に書いた事たちですかね。

ええとでは、北見さん。

今の「お気に入りの一品」を教えてください。
モノであればなんでもいいです。

ちなみにわたしは「いまさら?」と言われるものなのかもしれないですが、
FlipFlapを見かけて何だかわからず、ようやく正体を探しあてて
さっそく購入して毎日ほくほくです。もうひとつほしいです。
(車に乗っけられてゆらゆらしている様子を見かけて、それ以来ずっと気になってたのです。)  


Posted by ハタラクマ at 21:19Comments(0)大西

2007年09月21日

忘れられない一言

二十歳までの出来事の8割を忘れ二十歳をすぎてからの9割を忘却している成田です。
人の名前も顔も声も忘れ、先日(といっても1年前ぐらい?)中学時代の友人?だった人から
「あー、成田やんな?」と声を掛けられて適当に相槌を打ってしまいました。
さて、彼は何処の何方だったのかと今でも不思議に・・・ホント誰だろ。

さて、お題の件ですが、忘れられない一言と言えば・・・
知人に世界各地で写真を撮ってる方が居まして、18歳の若造の時にその方とお話をしたことが。
そのときに言われた言葉が一番残っているかなと思います。

「何でも良い、経験しなさい。聞いた事を鵜呑みにせず自分でやってみること。
いきなり手を動かさずに、まずは頭で考え、理解し、整理すること。
何時かは役に立つ時がくるはずだから・・・」

ぬー、何か凄い人と会ってる気がするなぁ・・・と思っていると
「ってことでアメリカ来ない?今なら猟銃撃てるよー。バイクも好きなだけ乗れるし
肉も凄い量だよー、旅費も出すし来ない?」

台無しじゃんこのオッサン・・・と思ったひと時でした。

2ヵ月後から学校行くことが決まってたのでお断りしましたが、
行ってみたらよかったかな?と思ったりもします。

後は今のところ5人言われたに
「お前は気張りすぎだからもっと気楽に生きろ」といわれた事でしょうか。
そんなに気張っている風をかもし出しているのでしょうか・・・

じゃあこの質問をそのまま大西さんにお返しです。
「忘れられない一言」ありますか?  


Posted by ハタラクマ at 21:12Comments(0)成田

2007年09月18日

一度暮らしてみたい時代

大学受験の際も日本史を選び、専攻も日本史のはずだったのにもかかわらず
歴史のことはすっかり頭から削除されてしまっている大西です。

↑は冗談ではありません。かなり本気で、本当にそうなのだから、おとうさん、おかあさん
ごめんなさい。娘を大学にまでやってくれたのに。

江戸時代にいっぺん暮らしてみたいという人は多いと思います。
昔すぎず、でも現代とはもちろん違うおもしろそうなこともたくさんあり、
時代劇でもよくとりあげられるし、多分資料も多く残っているんでしょうから、
なんとなく身近で親しみがあるのではないでしょうか。

うちの家族は時代劇を見ると、
「こんなぱりっとした着物は着てへんやろ」だの
「もっとニオったに違いない」だの
「こんな状態で寒くて寝られるか」だの
かなり現実的な突っ込みを入れることが多いです。
まあ確かに、現代人がタイムスリップした場合はそう思ってしまうかもしれません。

だから暮らすとしても旅行気分で数日かな、とやはり現実的なわたし。

江戸時代も確かに行ってみたい気はします。
私は傘はりをやっている大松さんの近所に住んでいる絵師がいいです。
摺り師でもいいです。

遠い時代では、黒曜石を使って狩をしていた石器時代とかも。
いっぺんに時代飛びすぎです。
昔日本の歴史まんがを読んでいて、黒曜石というものにさわってみたいと思った記憶があります。
黒曜石とはこれです。
これを削ってするどい刃物にしてマンモスに立ち向かっていたのですね。
(このへんはギャートルズの記憶が多少入っていると思われます。)
でもこれが記憶に残っている一番の原因は、黒曜石がコーヒーゼリーみたいで
おいしそうだったからという可能性も捨てきれません。
いずれにしても美しい石です。
私が石器時代に行ったとすれば、多分狩をせず、家で待っている家族だと思います。
マンモス怖いです。

じゃあ、成田さん。
「他人に言われた忘れられないひとこと」を教えてください!
いい思い出でも、悪い思い出でも、そのほかの思い出でも、とにかく忘れられないというのを。  


Posted by ハタラクマ at 23:15Comments(0)大西

2007年09月13日

死線も子午線もあったものではない

こんにちは。大松です。

お元気ですか?
すっかり秋らしくなりましたね。
家の近くの田んぼも、稲が実って少しずつ黄金色になりつつあります。
朝晩も過ごしやすくなってきました・・・

いやいやいやいやいや。
これじゃまるで手紙だ。そうじゃなくて。
・・・『死線をこえる』体験ですか。

正直言って、無いですね(笑)。
小説にしても面白みもへったくれもないような平凡な人生を送っております。
案外、人生なんてこんなものなのかも知れません。
『生きるか死ぬか』の状態を乗り越えた人は強いのでしょうが、
私はヘタレ満開です。
ご期待に添えなくて申し訳ない。

大きな事故といえば、3歳の時に90ccのバイク(スーパーカブ)に
はねられた事ぐらいでしょうか。
結構なスピードではねられたにもかかわらず、
鼻血しか出なかったのが、今でも家族の笑い話語り草です。

ただし、その事故で人間として大切な何かを失ったのかも知れません(笑)。

それまでは、仮にも『秀才』ともっぱらの評判でしたが、
その事故以来、親族一の大うつけぶりを発揮。
大人達の期待を裏切り続けました。

九九がどうしても覚えられず、母が吹き込んだ1の段から9の段までの音読テープを、
寝る時に聞きながら眠りました(睡眠学習かっ!)
小学3年生になっても針の時計が読めませんでした(実話)。
現在、いい歳になっても頭の中身は永遠の3歳児です。

・・・病院に行った方がいいですか?
もうどうでもいいですか?
そうですか。

話がかなり『死線を越えた経験』では無いのですが、気持ちだけはいつも切腹気分です。

さて、お次は大西さんへ質問です。
『一度暮らしてみたい時代は何時代ですか?』(ここのブログ向けじゃなかったらすいません)。
ちなみに私は『江戸時代』で暮らしてみたいです。
浪人になって、長屋で渋い表情で傘張りとかやりたいです。
虚無僧もやりたいです。
でも、だんご屋の娘だけはごめんです。

よろしくお願いいたします。
  


Posted by ハタラクマ at 12:53Comments(0)大松

2007年09月07日

ドリフトですか!?

どうも小笹です。
毎朝pasioのサイトは見ています。

しかし難しいお題を貰ってしまいました・・・・・。
「どんなドリフト」
と今井さんからのお題ですが。
某アロンジェさんでは「運転が危なそう」とか言われたワタクシですが最近ゴールド免許になりました。
常日頃の安全運転が認められたわけであります!!!

で、難しすぎて解らないので最近のドリフトを普通に書きます。

2輪レースでのドリフト。
4ストローク250ccクラスでの決勝でのできごと。
周りがみんな2000年以降の真新しいバイクの中、私は1989年式の「VT250スパーダ」で参戦。

タイヤも後輩の働くダンロップで
「お勧めのタイヤですよ!!」
と言う物を36000円払って買い、ボロ負け覚悟でレースに挑んだ分けです。

予選は、国際A級ライダーの方等がトラブルで後退、奇跡的に2位で通過、しかし予選トップは後輩。
しかも車両は「完全にレース用に開発された車両」なのであります。
説明させて頂くと「市販車」と「レース専用車両」とではパワーに雲泥の差があります。

せまいコースでしたのでそこまで離されないものの、メインストレートでは1秒近く離されます。
そこで対策として思いつくのが

「死ぬ気でアクセル開けるしかない」

のであります。バイクをフルバンクさせた状態でアクセルを無理に開けるのは危険です。

【勝つには死線をくぐり抜けるしかない】
と思ったわけです。

決勝開始前にレース主催者に
「救急車を用意しといてくれ」
と頼み、レースに挑みました。
レース開始から積極的にアクセル馬鹿開け、タイヤも滑りますが自分で制御できる範囲内です。
結果、前を行く後輩に喰らいつき、ストレートでは離されるものの、各コーナーで追いつくというレース展開にもって行きます。

そして運命のファイナルラップ、完全に追いつき勝負をしかけに行った瞬間でした。
アクセルを開けた瞬間、異常にタイヤが滑り、滑ったままバイクが起き上がらない。
まさにドリフト(笑)
タイヤが最後まで持たなかったのですね。
5~6mフルバンクさせたまま滑り
「あ~このまま転倒すれば骨折れるな、これは」と、覚悟しましたが
日々の鍛錬と予想していた事だったので心に余裕があったからなのか
なんとか立て直し走りましたが、滑っている間に後輩は次のコーナーへ・・・・・

結果としては2位で負けてしまいました。

とレースレポートはこの辺にして(長いですか?すいません)
何が本題かと言うと
「過剰な程の危険予知と死の覚悟」
は安全を呼びます。

過剰な程の危険予知は心に余裕を持たし、死の覚悟で常にイレギュラーに反応できる
反射神経をもたらします。
普段、外に出て歩いてるだけでも危ないのであります。

(前から歩いてくる杖をついた老人は実は杖が仕込刀で斬りかかってくるかもしれない)
とか
(バスに乗っている人達は実は全部テロリストでいきなりマシンガンで撃ってくるかもしれない)
とか常に過剰な危険予知
これに対して0.5秒ぐらいでそうなった時の対応策を常に考えながら行動するわけです。

「粋すぎる”だろう生活&だろう運転”」
は常に自分にとって身の安全をもたらします。
それはきっと周りの人に気を使うこととなんら変わりはないと思っています。

と、ドリフトから安全について引っ張ってみましたがどうでしょう。
ここのブログにそぐわない内容でしたらすいません。


そして次のお題は大松さんへ!

「最近死線をくぐり抜けた経験」


ありますか!?怪しいお題ですいませんw  


Posted by ハタラクマ at 12:01Comments(4)

2007年09月06日

スーツの選び方

今井です。

ジャスコのイタリアンスーツ。

以上です。

さて、最近はどんなドリフトを決めていますか、小笹君!!  


Posted by ハタラクマ at 14:53Comments(0)今井

2007年09月06日

後期インターン生について

どうも、北見です。最近はけっこう涼しくなってきて、
コンビニでもおでんや肉まんが登場してきて、

いよいよシーズンは秋・冬ですね。

さて、今回のお題は
「現在、パシオで実習中のインターン生について」です。

実習は今日が最終日。
2週ほどのプログラムです。

パシオの短期インターンシッププログラムは
基本的に、ひとつの大型企画メインに加えて、
サブ企画(デイリー企画的なもの)及び、そのほかの
企業運営に関わる雑務経験です。

毎回異なりますけどね。

いまは3名の大学生がインターン実習を行っているのですが、
その3名は、突然パシオの勢いに飲み込まれた!といった感はありますが、
それに徐々に対応し、日々学びを重ねてくれています。

将来に向けて、何かの参考になればと思います。


それでは、次は今井さん。
「スーツの選び方」を教えて下さい!  


Posted by ハタラクマ at 13:01Comments(0)北見

2007年09月05日

PASIOな日々★

こんばんは~☆
インターンシップでお世話になっていますface01icon12

ラスト2日頑張ろうと思いますface02


「自分が将来やりたいこととパシオでそれに向けて役立っていること」


私が将来やりたいことは、今のところたくさんありますicon12
いろいろありすぎて選ぶ事はできませんが。。。。

このパシオでのインターンシップで役立っていることとは、
本当に短い期間ですが社会にでてみて、

社会ってとても厳しい世界なんだなっていうことを感じることができました。。

この機会をふまえていろんな意味で成長してきていると思いますicon01


次のお題は・・・


「インターンシップ生(私たち)について」
ですicon01  


Posted by ハタラクマ at 01:32Comments(0)研修生

2007年09月04日

お世話になってます!!

はじめまして★

インターンシップ実習生のマイミですface01

藤井さんからのお題は


「自分が将来やりたいこととパシオでそれに向けて役立っていること」

私もツチヤさんと同じでまだ自分の将来やりたいことが決まっていませんface07

というか、分かりませんicon15

将来役立つことや何がしたいかみつけられれば・・・と思いこのインターンシップに臨みましたicon12icon12

今もまだ実習中ですが、ビジネスには何事も分析、ひらめきが大切なのだと教えていただきました。

また企画のおもしろさ、難しさも教えていただきましたface02

パシオで学んだことは、今後きっと役に立つと思いますICON147ICON118  


Posted by ハタラクマ at 23:41Comments(1)研修生